カツシン!!VAPE(電子タバコ)初心者

VAPE(電子タバコ)とネットのお話。

バズや炎上の効果〜炎上が効果的じゃないと言っている人には注意が必要かも…

先日キュレーションメディアに対する個人的な意見を述べさせて頂きました。 

ありがたいことに多くのご意見やブックマークを頂きました。 

その結果、8/13日時点:Google検索でwelq:2位、mery:6位、キュレーション:8位

f:id:katsu-shin:20160817200405p:plain



数日間経つとこのような結果に。

f:id:katsu-shin:20160817201104p:plain


※ブラウザのシークレットモードでも一応確認済み。GRCは持ってません汗
※検索順位はSEOチェキ! より。

今後も順位はどんどん落ちていく事と思います。(※理由は後述)

先般の記事とはすこーし方向性をズラして、バズや炎上の効果について述べてみたいと思います。 稀に聞かれる意見として「バズや炎上なんて一時的なアクセスだけで無意味」があります。 実施際問題そんなこともありません。

 

バズや炎上の定義

バズや炎上で最も多くの効果が得られるのがはてなブックマークです。 最終的にSEOに影響を及ぼしやすい被リンクになるという観点で優れています。
もちろんTwitterやFacebookによる共有がバズの発端となる場合も往々にしてあります。 1000ブックマークくらいで本格的にバズった、炎上したといえるのではないでしょうか。

1000ブックマーク程度まで伸びると実社会にも影響が及ぶ場合があるかもしれません。 先程のこのブログの記事の例では、100ブックマーク程度ですのでバズったというと少し恥ずかしい数字だとも思います。ただ、SEO的な効果が一定量あることがわかります。

 

最終的に順位を維持できるかは内容と競合次第

f:id:katsu-shin:20160817200458p:plain

上記記事は一時的にキュレーションサイト名などのキーワードで上位になりました。 ただ、順位をキープすることは困難です。 その理由は、検索ユーザーのニーズと大きく異なるからです。 welqやmeryと検索した人が上記記事を見ても基本的には面白いと感じないでしょう。

彼ら彼女らは、きっと美容や健康情報を探しに来ているので、サイトその物について言及されてても興味がないと思います。

反対に「キュレーションサイト」+パクリ、+許せない などで訪れた方にはある程度の価値が有るかもしれません。 ですのでこの辺りのキーワードでは一定の順位を保てる可能性が高いと思われます。 もちろん、ブックマークを始めとした言及によりリンクが付いているので、普通の何もリンクがついていない記事よりは一歩リードできていることは間違いありません。

 

また、meryでは順位が下落しているにも関わらず、welqでは順位を維持できているのは競合の強さも大きいです。(詳細は検索してみてください。)

100ブックマーク程度でも効果がある

ここまでご覧頂いた方は小規模なバズや炎上でも一定のメリットがあることをご理解いただけると思います。 もちろん、炎上やバズは短いスパンで見れば一時的なアクセスにしかなりませんが、中長期ではSEO的なメリットを享受できる可能性が高まります。

 

そして、サイトその物(ドメイン単位)の全体的な評価が上がります。 

この評価はサイト単位で存在し、皆さん個々の意見が批判的なものであったとしても基本的には関係ありません。 (もちろん、炎上し続ける人の“人的な評価が低下”することはありえますが、直接的なSEOにおける評価とは異なります)

 

炎上には価値がない?そんなことはない!

炎上には多少のSEOの効果がありますが、それ以外にもごく一部の強烈なファンを呼び寄せる可能性があります。

ライファーさんの記事を見ていただくのが早いと思います。 

上記記事で言及されていた『社会の底辺の人とは関わってはいけません』を書いた人は、現在は有料noteを販売しており、ウソかもしれませんが、売れたと本人が言っています(販売本数は不明)。 極端な発言で注目を集めることは1万人に1人のファンを作ることになり得る場合もあります。

 

炎上しているなら加担しない、そして加担しないなら言及しない、がベターです。

 

ただ、炎上に加担しないとしても自身の意見を書くためにリンクは貼らないといけない…。引用したい……。 そんな時はインターネットアーカイブの活用がオススメです! 

『炎上なんて効果ないし、一瞬のアクセスだけで大した収益にならない!』という意見もありますが、 SEOの観点、強烈な少数のファンを醸成するには役立つ事もままあります。

そのため、極端な言説で煽りの強いブロガーさんなどが、炎上の効果を否定しているのであれば、SEO的な効果を理解していない・見落としているか、少数ファンに向けた意図的なポジショントークをしている可能性も考えられます。

少しだけその人の発言を割引いて見る必要があるかもしれません。 

書き手としてどのようなスタイルを選択するか?

先般のキュレーションサイトに対する記事は、ある程度の順位も一時的に付きましたし、 検索から見てくれた人もいます。そう言う意味では、思いの丈を綴ったあの記事に対する個人的な満足感はあります。ただ、今後どんな記事を書くべきなのか模索中です。お盆と称して5日ほどブログをサボりましたw

 

皆さんはどんなスタイルを選択していますか?

個人的には良い記事を書きたいという意識は強いです。ただ、それだけではダメそうですね……。

私自身は、振りきれたキチ◯イにはなれそうもありません。そして、特定世代の代表的な存在になれるほどの強い意見や下地となる知識を持ち合わせていません。 

 

ブロガーさん、アフィリエイターさんとも関わりの多い『ままはっく』のまなしばさん。

素敵です。人を揶揄したり、煽ること無く魅力的なコンテンツ・場を作っていくことも大切なように思います。

 

以下ツイートは、議論をウェブで行うサービスWEBGEKIに対してのコメントだと思います。

 議論をするのであれば、ある程度の覚悟は必要にも思います。敵を作らないスタイルは議論とは相性が悪くもあるように思います。

 

どこからか矢が飛んで来る可能性は認識しています。ただ、『どう書くか・何を書くか・議論すべきか否か』についてはもうしばらく私自身模索が必要そうです。私はこれまでネット上にオピニオン的な書き込みや記事を書くことはありませんでした。ただ、実生活では、好き勝手に発言していくとどうしても敵を作りやすいタイプでもあります。

 

そんなこんなで、迷いが生じていただけで、以下の様な記事が8割がた出来上がっています。

  • どこまで行ったらパクリなの?引用の範囲と転載、その線引きの難しさ
  • 本来のキュレーションとその価値とは?
  • イケダハヤト氏にフォローされた。その時ワナビーになりそうな自分がいた。
  • 飽き性な自分を奮い立たせるコツ〜飽き性を活かそう!

4記事はどれもマイルド目な記事、もしくは自虐ネタです(笑)

週2〜3くらいで投下していくと思います。

もしご興味ある方、異論反論OBJECTIONな方はTwitterかブクマまで。

狂喜乱舞して喜びます。