読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カツシン!!VAPE(電子タバコ)初心者

VAPE(電子タバコ)とネットのお話。

品薄なiQOSやPloom TECHのyahoo!・楽天での転売価格がひどいことになってる

VAPE(電子タバコ) VAPE(電子タバコ)-iQOS(次世代タバコ)

VAPEという電子タバコに切り替えつつも、吸えるのは喫煙所だけ?なので今でも喫煙所に行くんですが、ここ最近目に見えてiQOS派の人が増えています。先日iQOSの発売元であるフィリップモリスの方と話しましたが、本体の累計販売100万台を超えているそうで相変わらず生産が追いついていないそう。

 

2. 喫煙人口(推計値)

喫煙者率から全国の喫煙人口を推計すると次のとおりです。

  2015年 2016年 対前年増減
男性 1,562万人 1,498万人 -64万人
女性 522万人 528万人 +6万人
男女計 2,084万人 2,027万人 -57万人

 引用元:JT

 喫煙者人口の推計が2000万人程度とのことなので、シェア率単純計算5%程度、2台購入や故障で再購入した重複などを見積もっても3-4%はあるのでは?

都内の喫煙所だと体感値ですが、10人に一人くらいはiQOSを手にしています。

 

同じくJTの2015年の販売本数ランキングを見るとセブンスターが1位で3.8%のようなので、何かと肩身が狭く・喫煙者人口も急速に減少している今日でモンスターヒット商品だと言えそうです。(参考:JT 元データは年次の販売本数なので、厳密には比較できませんが、おおよその比率として参考まで)

 

iQOSの転売価格

前置きが長くなりました。

現在では本体の生産体制も見直してはいるそうですが、人気に対して供給はいまだに追いついていないようです。

PMJでは「部品供給・組立にいたるまで、現在生産体制立て直しに努めている」とするものの、予想を超える需要となっており「現時点では完全な安定供給の具体的な時期は言えない」と言う状況だ。 

 引用:http://jp.reuters.com/article/iqos-idJPKCN10N0N2?pageNumber=2

 

f:id:katsu-shin:20161025154500p:plain

※楽天:iQOS

※YAHOO!ショッピング:iQOS

 

ザクっと見た感じ17000円くらいが価格の中央帯でしょうか。

iQOSの定価販売が9980円(税込み)なのでボロい商売ですね。

 

先程のロイターの記事でも価格に対する言及がありますが、2016年8月の時点で15000円程度の価格がついているとあるので、2016年10月時点で更に価格は高騰している傾向がありそうです。

 

iQOSを正規で購入するとクーポンがあり、3000円程度のキャッシュバックがあります。これ転売経由で購入すると使えないパターンが多いようです。

 

 

Ploom TECH(プルームテック)の転売価格

iQOSはフィリップモリスが販売元ですが、JTが発売しているプルームテックも価格が上昇しています。

 

f:id:katsu-shin:20161025154515p:plain

※楽天:Ploom TECH

※YAHOO!ショッピング:Ploom TECH

 

Ploom TECHの定価は税込み4000円。

 

Ploom TECHの転売価格は13000円くらいが中央帯でしょうか。

 

 

f:id:katsu-shin:20161027133103p:plain

最近話題のチケットキャンプなどのライブのチケット転売程ではないにせよ、なかなかに景気のいいお話ですね。

プルームテックは完全予約販売になっていますが、 iQOSに関しては一般のたばこ店にも流通しています。勝手な想像ですが、たばこ店が仕入れたのをオークションなどに流していそうな…。(前出のiQOSのクーポンが使えないのは卸した店舗とその購入履歴のレシートが必要なため、フィリップモリスも把握してはいそうです)

 

AmazonでiQOSやPloom TECHは買える?

ちなみにAmazonのマーケットプレイスでのiQOS販売は確認できませんでした。

喫煙具としての認識をされているから販売されていないのかもしれません。

他の商品(本など)はマーケットプレイスで転売されているので消費者保護の観点から加熱式タバコを許可していないわけでは無さそうです。

 

 

初期コストで1万円超えならVAPEの方がオススメ!

iQOSもPloom TECHに関しても即時に手に入れようとすると1万円を超えます。

このくらいの価格をVAPEに投じると結構いい機種が手にはいります。

f:id:katsu-shin:20161026130500p:plain

味も様々な種類を選べます。ただ、ニコチン入りは日本の法律で販売が禁止されています。(個人輸入は一応可能)

 

VAPEを使い始めると以外にニコチン無しでも大丈夫でした。VAPE利用者の多くが減煙や紙のタバコを辞めることに成功しています。厳格な意味での禁煙かというと……ですが、ノンニコチンで目覚めが良くなるなどのメリットを感じています。

www.katsushin.com

 

また、ランニングコストに関してもVAPEのリキッドの方が安価に感じます。(吸い方・頻度によってかなり差が出ます…)

iQOSにはタールが含まれる

iQOSにもタールに該当する有害物質が含まれます。そもそもタールという表現がニコチン以外のタバコ中の煙に含まれる有害物質の総称です。また、一般的な火をつけるタバコと定義が異なるため、タールの表記が不要です。

 

ただ、タバコ葉を熱しているため、タールは発生していますし、紙タバコほどではないにせよ歯にヤニが付きます。

 

iQOSもPloom TECH、VAPEのどれも体への影響は不明確ですし、中長期での利用のリスクは不明です。

 

ただ、紙タバコ10年以上、iQOS1年弱の私の感想からすると体への負担(喉違和感や咳)は

紙タバコ>iQOS>VAPE(電子タバコ)

の順で、VAPEが最も負担が少ない実感です。

 

加熱式タバコで先行するiQOSは徐々に市民権を得つつあるシェアにまで伸びてきましたが、実際の所VAPEの方が様々な味を選べるなどメリットが多く存在するように感じています。

 

特に生産が追いついていない現状で高価格な転売価格になっているiQOSやPloom Techを無理して手に入れるよりもまずまずのスペックのVAPE(電子タバコ)を検討したほうがよいでしょう。

 

日本で販売されている電子タバコはニコチンなしのため、寝付きと目覚めが良くなったという個人的な体験からオススメしたいというのもあります。