読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カツシン!!VAPE(電子タバコ)初心者

VAPE(電子タバコ)とネットのお話。

国産のVAPEや日本製電子タバコ・国産リキッドなら安全?

電子タバコリキッド VAPE(電子タバコ)-テクニカルMOD VAPE(電子タバコ)

国産・日本産と聞くと何となく信頼性がありますよね!!

 

中国の人たちが日本で爆買いしている家電製品などの日本ブランド製品。これらの殆どが日本製造じゃないような……。日本で日本ブランドを買う事自体が一種のステータスだったのかもしれませんが、日本人にはなかなか理解のできない行動でした。

f:id:katsu-shin:20161228190221p:plain

さて話題はVAPE(電子タバコ)に。

今では全く気にせず東南アジア系のリキッドも楽しんでいますが、VAPEを始めた当初は日本製のVAPE本体やリキッドは無いものか調べていました

日本製/国産のVAPE(電子タバコ)本体MOD

電子タバコはおおよそ3つの構成要素から成り立っています。

  1. リキッド
  2. アトマイザー(噴霧器)
  3. 本体+バッテリー(MOD)

この中で日本製・国産でメジャーなのはリキッドだと思います。

その他ははっきり言ってしまうとメジャーな製品はあまりないと思います。

国産リキッド

リキッドに関しては、ご存じKAMIKAZEやBI-SO、MK VAPE、NINJA WORKZなどのメーカーさんが存在しています。

f:id:katsu-shin:20161228212601p:plain

日本人好みの味で定評はありますが、いかんせんVAPEの市場規模も利用者人口もアメリカなどと比較すると小さく、必然的に研究開発費のコストも少ないかもしれません。

ただ、私が敬愛するVAPE関連のレビュー動画をあげているChina VAPE TVのチェン氏曰く、

www.youtube.com

チリからカナダの国境までの地域の人の舌は信用できない』だそうですw

チェン氏が美味しいと言ってたリキッドは今のところ当たりが多いです。

 

実際問題アメリカ産のリキッドでも美味しいのはありますし、すべての人がそうだとは思いませんが、やっぱり甘さの強いリキッドが多いイメージです。

日本産の電子タバコリキッドはべプログのこちらのページでソートしてみると便利です:日本製のリキッド

国産アトマイザー・国産MOD

 国産のアトマイザーやMODはテクニカルMODでは以下YOKOZUNAしか見当たりませんでした。

YOKOZUNA MINI STARTER KIT

※よくよく確認してみると、アトマイザーは日本設計・日本製ですが、本体は日本設計の海外製造のようでした…。

一部のメカニカルMODで日本製は存在しているみたいですが、現状購入できる場所は確認できませんでした。

国産バッテリー

f:id:katsu-shin:20161228013847p:plain

※画像はサムスン(右)Efest(左)です。

 安全性が高いとされる日本ブランドのバッテリーとして、ソニーとサンヨーの18650バッテリーがありますが、サンヨーはあまりみかけません。

 

国産のバッテリーもノートPCなど向けに作られているようで、電子タバコ用として販売されているわけではありません。そして、以下のようなバッテリーそのもののリスクが存在します。

  • 日本ブランドのパッケージでも偽物もある(らしい)
  • ショートさせてしまった
  • バッテリー外皮が剥がれた状態を放置した
  • バッテリー同士がポケットなどで接触
  • 過充電・過放電よるバッテリーへの負担

国産だからといって安全な訳ではありませんし、取り扱いのリスクやメカニカルMODでの利用時のリスクは海外製品・日本製品だからと言って変わりはありません。

 

ただ数年前に、海外製のバッテリーでメーカー公式のmAhに偽りがあったと話題にもなっていたように記憶しています。正直いってしまうとバッテリーに関してはコレなら安全というのが名言しにくいです。

 

電子タバコ(VAPE)のリスクおさらい

 過去記事でもご紹介しましたが、バッテリーのリスクを除いた時の健康被害と言う意味での電子タバコのリスクは、リキッドとコイル(アトマイザー)にあります。

www.katsushin.com

国産のリキッドメーカーが発がん性の有無を調査した結果、自社製品の発がん性は無いとの試験結果を発表しています。ただ、これには条件がありそうです。

蒸気過去記事では詳しく書きましたが、厚生労働省の特定の条件下での試験、ウィックの焦げやコイルの長期間の使い回し、特定のリキッドにおいては発がん性物質を発生する可能性が示唆されています。

 

個人的には物質をある程度加熱し、肺を経由して身体に取り込む以上、健康にプラスなことは無いと思います。ただ、元々紙のタバコを喫煙していた場合においては、電子タバコに切り替えることで健康被害のリスクが抑えられるのではないか?と判断しています。 

この健康被害へのリスク軽減は、海外製品でも大きく異なることはな無く、国産の製品(リキッド・アトマイザー・MOD)だからこそこれらのリスクが軽減できるかと言うと疑問符がつきます。

 

結論:国産・日本製だからといって安全な訳ではない 

日本ブランドの家電製品でも中国や東南アジアで製造されています。

このあたりの肝は生産管理なんだと思います。

 

知人に中国から製品を仕入れている通販業者さんがいますが、仕入れの管理が一番大変だと言っています。平気で不良品や色違いなどを納品してくるそうな。ある程度厳しく現地に自社社員などで管理できる人間がいない限り、この不良品などを諦めるしか無いとのこと。

 

日本ブランドの家電製品などは現地の人に製造をしてもらっていると思いますが、その管理は日本企業がしっかりと入り込んで管理していると聞きます。製造ライン自体、100%不良品を防ぐことはできませんし、要はその不良品などをどう扱うかが大切なようです!

 

リキッドに関しても日本製だから安全というのも言い切れないと個人的には思っています。個人的にはリキッドメーカーさんでも、社名・代表者さんくらいはHPに明記してほしいな〜と思ってます。アメリカではVAPEへの規制が入り今後リキッドもFDA(日本で言う厚生労働省)への届け出が必要になるようです。日本でもいずれそうなるのでは?と思っていたりしますが、現状アメリカのメーカーの方が、製品管理への意識は高い可能性が考えられます。

 

結論:日本製・国産だからといって安心だとは言い切れない 

個人的にはメリットをあまり感じませんが、国産の製品を中心にVAPEを楽しむことも不可能ではありません。

購入場所としては、海外通販より日本のショップの方が安心

個人的には海外通販も利用していますが、バッテリーは日本のショップから購入するようにしています。MODは場合によりけりです。

 

MODは日本産というのはほとんど聞きません(一部メカニカルMODくらい?)。

 

日本のショップさんなどは大抵の製品で検品を行っていますし、ショップ側で不良品へのトラブル対応をしてくれます。これが海外通販だと返品の送料は購入者負担のことが多いようです。(日本郵便の中国への配送料を調べたところ500gで1400円でした)大抵2-5割は安価に購入できますが、最悪の場合のトラブルの際は、コストも時間も必要となります。

これは健康的な安全性云々のお話ではなく、商品が正しく届くか・サポートの有無の差です。

どちらを選ぶかも消費者である私達の自由な選択です。

 

日本製/海外製(中国製?)といった視点で安全性を考えたり、商品選びを個人的には行っていません。べプログなどは評価も判断できるのでリキッドでも重宝しています。MODもリキッドもべプログでレビューを確認しつつ検討してみることも多いです。

 日本製のリキッド