読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カツシン!!VAPE(電子タバコ)初心者

VAPE(電子タバコ)とネットのお話。

電子タバコリキッドおすすめの味5ジャンルを元喫煙者がランキング

電子タバコリキッド 電子タバコリキッド-オススメ

電子タバコの一つの特徴として多種多様なリキッドがあり、様々な味を楽しめる点があります。

ですが元喫煙者が電子タバコを始めた場合、タバコは苦味や渋みの再現を期待している事が往々にしてあり、甘みの強い電子タバコリキッドに対して拒絶反応を示してしまう人も多いと聞きます。カスタードやバニラなど比較的甘みの強い香りのラインナップも多く、せっかく買った電子タバコ挫折の一因になります。

私自身、甘い物は嫌いではありませんが、たまに食べる程度でカスタードなどの強めの甘みのリキッドは吸えませんでした。

元喫煙者の初心者が吸いやすいと感じた電子タバコのリキッド

最初のうちに合わないorマズいリキッドに出会ってしまうと電子タバコ自体が嫌いになってしまう可能性も高いと思います。個人的にはアトマイザー・MOD(電子タバコ本体)以上にVAPEが楽しめるか否かの分岐点として重要だと思っています。 

そこで今回は、

  • 元喫煙者(メンソールタバコ/iQOSも利用)
  • ヘビースモーカー(1日20~30本吸っていた)
  • 甘党でない(甘いものは苦手ではない)

の私が抵抗感無く利用できた電子タバコのリキッドをご紹介!

 

本記事は私自身が試してよかったと心底思ったリキッドの紹介なので、本記事中では褒めてばかりです。ただ、褒めてばかりのレビュー記事なんて見る意味ない派の私は苦肉の作で自分と相性の悪かったリキッドコーナーをご用意しています。

5位:タバコ味の電子タバコリキッド

私自身も経験があるのですが、喫煙者が電子タバコを始めるとまず最初に探すのは『タバコ味』だと思います。

これがかなりのくせ者で、ストレートに言ってしまうと『電子タバコにタバコ味そのものを求めることは困難・似て非なるものと認識したほうが無難』です。

THE・タバコ味と言う訳ではありませんがタバコを感じたり、複雑な味を味わえるリキッドをご紹介します!

Rasputin ラスプーチンーーTark’s

f:id:katsu-shin:20161108202534p:plain

VAPEを始めたばかりの頃、甘い系のリキッドが辛く、「それならタバコ系!」と思い色々と試しました。 

そんな中で出会ったのがラスプーチン。ダークチェリー系の甘みは強いものの、洋酒のような風味と葉巻のようのなコクは元喫煙者であれば好みの人が多いはず!美味しいんですが、長時間繰り返し吸うのはちょっとつらいリキッドで、息抜きに一服だけといった使い方ですが、メリハリある使い分けもVAPEの魅力!同種ブランドのTark'sは通販サイトでもいくつか確認できましたが、ラスプーチンに関してのみ見つかりませんでした……。ただ、同ブランドのTark'sから出ているバッファロー・ビルなどもタバコ・葉巻系で評価の高いリキッドです。

その他もタバコ味を試していますが、ハズレや相性の合う合わないが強烈なのもタバコ味のリキッドだと思います…。

タバコ系リキッドで評価の高いReaper Blend(リーパー ブレンド)

まだ試していないリキッドですが、Reaper Blend(リーパー ブレンド)の評価が高いです。近日試す予定なので、また追記します。⇒試しました。

f:id:katsu-shin:20170313133058p:plain

追加でタバコ味で定評のあるウィッチャーズブリュー、過去に買って吸いづらさを感じて放置していたビーソのタバコメンソール味、ビンダーズオリジナルに再度挑戦しました。

  • ウィッチャーズブリュー:開封直後の海苔の味
  • Reaper Blendの前評判:火をつける前のタバコの香りに、若干の甘み
  •  Reaper Blendの結果:炊いた草の香り
  • ビンダーズオリジナル:灰皿の底を舐めた感じ(笑)

どれも慣れや好みはあると思うので、好きな方もいると思います。

ただ、元喫煙者が、元来の喫煙体験を期待して吸うには微妙な味だと思います。特にウィッチャーズブリューは、海苔のパッケージをクンクンしている味です。(ぜひ台所の海苔と比較してみてください。)

過去に購入していたタバコ味リキッドも含めて条件を統一して再度試した結果、ビーソのタバコメンソール味がベストだと感じました。

Amazonのレビューは件数も少ないですが、素直に国産のタバコを吸った感覚に近いです。

他の海外製のリキッドも試していますが、独特の甘みやクセ、タバコ葉からの抽出液リキッドなど工夫は分かるのですが、万人ウケするものでは無いと思いますし、元喫煙者がタバコの代替品として選べるかと言うと微妙です。反対に、ビーソのタバコメンソール味は、日本のセッター・KOOLなどに近い素直な雰囲気の味を出せていると思います。

※タークスのバッファロー・ビルは後日試して追記します。

SCREWBACCO(スクリューバッコ)はタバコ+フルーツ系ならオススメ!

これまた好みは分かれると思いますが、ストロベリー+タバコのスクリューバッコは一時期ものすごくハマりました。一応Baccoと銘打たれていますが、タバコ味だと思って吸うと微妙だと思います。ですが、『紙巻きのタバコと電子タバコは別物』という認識のもと楽しむならスクリューバッコはおすすめです!

f:id:katsu-shin:20161229220707p:plain

ストロベリー味は薄めに軽めのチョコフレーバーという雰囲気ですが、吸い続けているとタバコを感じる時があります。ワッテージを高めにすると若干甘みが飛び、葉っぱぽさがより強く出ます。場面によってはイチゴのヘタの部分の様な雰囲気がでることもあり、使用環境によってもかなり味に変化が出るリキッドの一つだと思います。

純粋にタバコ風という印象は薄いですが、ハマる人にはかなりハマるリキッドだと思います。ちなみにメンソール版のSCREWBACCOもありますg個人的には普通版に強めのメンソールリキッドを数滴加えて楽しむパターンが多いです。

www.katsushin.com

SCREWBACCOはAmazon・楽天ですと60mL大容量のサイズしか販売が確認できませんでした。べプログは30mLを売っているので少なめで試す方は以下からどうぞ!

SCREWBACCOの販売ページ 

4位:お茶味/コーヒー味の電子タバコリキッド

VAPEを始めてスグに気に入ったリキッドが多かったジャンルが『お茶』です。

お茶系のリキッドは複雑な味わいというよりは、ストレートな味が多い印象です。

反対にコーヒーは色々なジャンルがあります。(強い甘みから複雑なタバコ系コーヒーまで)

ジャスミンティー(ROSANNA-SUKULL ORIGINAL)

f:id:katsu-shin:20161108202601p:plain

ジャスミンティーと銘打たれているリキッドですが、甘みは強めです。ジャスミンティーが苦手な人も好きだと言っていました。お菓子系の甘みのリキッドが苦手な方でも吸いやすいリキッドです。

紅茶(香茶ーVape Hack)

f:id:katsu-shin:20161108202614p:plain

紅茶系で似たようなラインナップでは、THE FUUと言うブランドのLADY.Gも紅茶系ではオススメ。 

紅茶やコーヒーのリキッドは甘めの商品が主流です。午後ティーやスタバの甘めのコーヒー、甘めの缶コーヒーなどをイメージしてもらうと分かりやすいと思います。

ブラックコーヒーに近しいリキッドは少数派です。

好みが強く出てしまっているかもしれませんが、FUUのCUTE.LUWAKは甘みがそこまで強くないコーヒーフレーバーです。

反対に甘い系のコーヒーがOKであれば、選択肢は豊富ですので困らないと思います。

甘くてOKなコーヒー系でいえば、カミカゼリキッドのコーヒー、もう少し複雑な風味であればkoi-koiの月見、ワコンダなどでしょうか。選択肢はかなりあります。人気のリキッドから試してみて相性を探るといいと思います。ワコンダは2017年2月現在、まだ手に入りますが、今後の見通しが不明(生産中止?予定?ライセンス提供で継続販売する可能性もあるそう)なので今ハマってしまうと悲しい結果になってしまう可能性もゼロではありません…。来々の月見は国内のコーヒー系リキッドで評価も高いので試してみる価値アリ!

3位:お酒味の電子タバコリキッド

 お酒系の電子タバコリキッドも豊富な種類のあるリキッドジャンルの一つです。シャンパンや梅酒など色々な種類があります。

ジントニック(Gin&Tonic-KAMIKAZE)

f:id:katsu-shin:20161108202641p:plain

バーなどで飲むジントニックよりは、缶チューハイのジントニック寄りの香りですが、甘さも控えめでスッキリと吸えます。個人的にはメンソールリキッドを追加する事も多く、その方がジントニック感が増して缶チューハイジントニック感が減ります。

余談ですが、Kamikazeリキッドで好みの味があるのであれば、楽天にて3本まとめ買いがお得です。もちろん、好みの味の組み合わせで3本選べます。2017年2月現在、税込み3000円以下(送料込み)です。ほとんどのショップの価格が税込み1本1080円なので、かなりお得感があります。

2位:バニラカスタード系の電子タバコリキッド

電子タバコリキッドの一大派閥だと勝手に思っているバニラカスタード。GVCなどが有名なようですが、試したことがありません。

とあるリキッドが原因でバニラやカスタード系を吸わず嫌いをしていたのですが、VCTを吸ってその印象が変わりました。

Vanilla-Custard-Tobacco(バニラ・カスタード・タバコ)なのでタバコ系だとも言えそうです。

VCT Private Reserveはバニラ・カスタード系が苦手でもオススメ

VCT Private Reserveは通常のVCTを90日間オーク樽で熟成するのが特徴らしく、通常のVCTよりも芳醇な風味になっているそうです。通常のVCTよりも甘みも抑えられているとのことです。(通常のVCTはまだ試していません…。)

f:id:katsu-shin:20161228184433p:plain

※VCT(Private Reserve)は画像左

VCT Private Reserveと通常のVCTを割ると更に美味しいというウワサを聞いています。

ワッテージによっても味が変わるため、色々な風味を楽しむことが可能ですし、アッサリ目の甘みなのでバニラ・カスタードの甘みが苦手な人やチェーンすると辛い人には特にオススメです。

購入は:VCT Private Reserve(べプログ)

1位:フルーツ味のリキッド

フルーツ味の電子タバコリキッドは無難な選択としてオススメです。

ただ、中には芳香剤臭がキツかったり、甘すぎるジャンルなどもあります。

 

特にマンゴー系は、

  1. 青臭さ重視
  2. トロピカルな甘み重視
  3. クリームを足した種類

など種類が様々あります。

ですので、一概に『このフルーツ味を気に入ったから別のメーカーの…』 と買ってみると好みと違った結果になってしまうことも多いです。個人的には青臭さ目の酸味強めのマンゴーが好みのため、NNMNなどはかなり好きな味でした。

f:id:katsu-shin:20170313142021p:plain

もう少し無難な味のマンゴー系リキッドであれば、ニンジャワークスのマンゴークリームやNKTRのマンゴーなどの定番が沢山あります!

マスカット(MEGA MUSCUTーSNOW FREAKS)

f:id:katsu-shin:20161108202547p:plain

フルーツ系がお好みであればメガマスカットは程よい甘さとスッキリ感がばっちりハマると思います。ただ、美味しいには違いないんですが、チューインガムを食べているような感覚になります(笑)

 

これを常飲するならガムでいいのでは?と思ってしまったり…。あと、外の喫煙室などで吸う勇気がありません。クリアロマイザーよりもRDAで勢いよく頂くのが美味しいように思います。

グァバ(ApolloーElysian Elixirs)

f:id:katsu-shin:20161108202706p:plain

VAPE開始1ヶ月目くらいで異常に好きになったリキッドです。

あとパッケージも結構怪しい雰囲気のデザインですよね(笑)↑の現存パッケージとか、特にw

フルーツ系ジャンルに加え、お茶系リキッドも好みな方にオススメなのが、バニティー。味もかなり幅広い人に好まれるリキッドだと思います。フルーツ系やお茶系リキッドが好みの方には1度お試しいただきたいリキッドです。

メインは桃の天然水をゴージャスにした感じ

吐く息で優しい紅茶の香り

最後にほんのりバニラ風味なやさしい甘み

バニラバニラしていないため、バニラに苦手感がある方でも大丈夫な程度だと思います。

国内流通が非常に少ないですが、通販ではべプログさんで手に入ります。

Vani-Tea 

少し前に話題になったピンコスはミックスベリーレモネードと分類しにくい味ですが、レモネードの酸味を若干抑えてベリーの風味を足した優しい甘みのリキッドです。おすすめの理由としては大容量なコスパにあります。

f:id:katsu-shin:20170313144740p:plain

元喫煙者であればメンソールに抵抗がない人も多いのではないでしょうか? 

ただ、やっぱりタバコとは違ってミント系のガムを食べていたり、フリスクを食べているようなイメージです。 

 当初購入したメンソール系リキッドはKamikazeのハードメンソールでしたが、そのメンソールの強さに面くらいました。

そのカミカゼのスーパーハードメンソールを超えるメンソール感が味わえるのがTropwen。

Tropwen(べプログ)

メンソール系のリキッドはそのまま吸うのもオススメですが、1~2滴別のリキッドに追加するだけの目的でも大活躍します。慣れもありますが、最近ではTropwenなどメンソールの強いリキッドをストックしています。

前半でオススメのリキッドとして扱った、SCREWBACCO、KAMIKAZEジントニック、Honey Dew & Pineapple Splashなどはメンソールリキッドを追加すると相性抜群です!

以上です!リキッドの国産/海外産の区分けをしていませんが、基本的には分け隔てなく試しています。主に国産とアメリカ産、フルーツ系で東南アジア産といった感じです。

電子タバコのリキッドの好みは続けると変わるらしい

私自身、過去ダメに感じたリキッドを好きになった事もあります。

ショップの店員さんなども口を揃えていいますが、好みのリキッドは変わっていくそうです。まず最初はメジャーな商品を試しつつ、好みの味を探ってみる。そして、たまには冒険してみることもオススメです!

元々フレーバータバコを吸っていた人は特に電子タバコがオススメ

私自身は苦手でしたが、チェリー系やフルーツ系のフレーバータバコも一定数好む人がいます。そのような方は電子タバコのリキッドも抵抗感無く吸えるのではないかと思います。といいますか、タバコよりも選べる選択肢が多いので、電子タバコに乗り換えたほうがいいのでは?と余計なお世話を思ってしまったりも。

 

以上です!私個人が好きだと実感できたリキッドを紹介しましたが、一個人のあくまで好みをベースにしたお話、かつ使用機器の違い・設定の違いでも味には差異が出ますので、そのあたりをご理解いただきつつ、参考にしていただけるとうれしいです。

 

※2017年3月現在、本記事でご紹介しているリキッドは各メーカーや販売店からの提供を受けていません。全て自身で購入したリキッドのみで構成しています。